やさしい電気教室

身の回りの電気製品に関わる電気の知識について勉強するブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FE208ES箱入り
FE208ESを指定箱に入れるとこうなる。スピーカーが一つというのは、低音から高音まで繋がりが自然でいい。とにかく能率がいいので、出力の小さい真空管アンプにも向いている。しかし、私は最近真空管アンプは敬遠気味です。見ていて楽しいのですが、低域の伸びと高域の伸びに物足りなさを感じる。おとがバチッと決まらない。たとえばテインパニなど打楽器の打撃音にどうしてもよけいな余韻がつくような気がする。いや、打楽器に限らずクラシックギターでも弦をはじく音に余韻がつくような気がする。もっとも、それが好みだいう人にはいいだろう。私がよい真空管に出会っていないのかも知れない。さて、写真でわかるように、スピーカーの取り付けに真鍮のリングがついているが、つけなければいけないものではないが、この方が音がよいというのでつけてある。なかなか贅沢なリングなので、値段もなかなかのものであった。写真の箱はバックロードホーンという形式だが、この形式についても一悶着いう人がいるが、私が聴いた感じではすごくよかった。ホールの残響が自然に聴こえる。 p208
スポンサーサイト
テーマ:木工 - ジャンル:趣味・実用
コメント
~13000Hz
可聴域のおいしいところの殆どを一本で しかも高能率低歪で再生する、本当に魅力的なSPですよね。お部屋の対策についてもお話を聞かせて欲しいですね。私のほうは168ESですが、やはりハイスピード、ストレートで音に飽きが来ません。
2007/09/01(土) 22:54:28 | URL | Kaikai-c #741JfCaw[ 編集]

返事が遅くなってすみません。
友人が買って、半信半疑でエンクロージャーを作って鳴らしてみたら、すばらしくなつたので、店頭にあるうちに買っておいたわけです。
それで、私のものは未だ箱入りです。
能率がいいので、アンプの出力が小さくてもよいというのも魅力です。

私はエンクロージャーをいっそ、ローズウッドで作ろうかとも思っています。

後発のユニットでマグネットをアルニコにしたものが、限定で発売されましたが、これはどんなものでしょう?

口径16cmもバランスがよいかも知れないですね。
2008/01/19(土) 19:26:27 | URL | 筆者 #qbIq4rIg[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://valantino.blog101.fc2.com/tb.php/17-c09a5336
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。