やさしい電気教室

身の回りの電気製品に関わる電気の知識について勉強するブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドライブ能力の低いアンプでは「ギャンギャン」といったように、にぎやかでうるさい感じに聞こえる。

一方、同じ音量でも、ドライブ能力の高いアンプでは、自然に聞こえてうるさくない。
クラシック音楽では、次第に音量が大きくなる、つまりクレッシェンドする場合がよくある。
そういうところでは、ドライブ能力の高いアンプでは、大きなトルクの車で運転している時の加速感のように、力強く迫ってきて気持ちがよい。

概して、パワーの大きなアンプはドライブ能力が高い傾向にあるが、ドライブ能力は必ずしもパワーの大きさだけではない。

以上のことは、実際に試聴してみて感じたことである。
スポンサーサイト
テーマ:オーディオ - ジャンル:日記
vector6_2.jpg現在使用しているVector6というスピカーです。以前はYAMAHAのNS-1000Mを使っていました。

インピーダンス 6 ohms
能 率 92.5db/W/m
許容入力 250W
周波数特性 30-20,000Hz±2db
クロスオーバー 125Hz/600Hz/3500Hz
寸 法 38×115×42cm
重 量 57kg




vector6.jpgこのスピーカーは大変気に入っています。



















テーマ:オーディオ - ジャンル:日記
FE208ES箱入り
FE208ESを指定箱に入れるとこうなる。スピーカーが一つというのは、低音から高音まで繋がりが自然でいい。とにかく能率がいいので、出力の小さい真空管アンプにも向いている。しかし、私は最近真空管アンプは敬遠気味です。見ていて楽しいのですが、低域の伸びと高域の伸びに物足りなさを感じる。おとがバチッと決まらない。たとえばテインパニなど打楽器の打撃音にどうしてもよけいな余韻がつくような気がする。いや、打楽器に限らずクラシックギターでも弦をはじく音に余韻がつくような気がする。もっとも、それが好みだいう人にはいいだろう。私がよい真空管に出会っていないのかも知れない。さて、写真でわかるように、スピーカーの取り付けに真鍮のリングがついているが、つけなければいけないものではないが、この方が音がよいというのでつけてある。なかなか贅沢なリングなので、値段もなかなかのものであった。写真の箱はバックロードホーンという形式だが、この形式についても一悶着いう人がいるが、私が聴いた感じではすごくよかった。ホールの残響が自然に聴こえる。 p208
テーマ:木工 - ジャンル:趣味・実用
FE208ES

このスピーカーはFOSTEXのFE208ESです。
なんと、能率が99dBもあります。

そうは言っても、なんのことじゃという人のために、少々説明します。
スピーカーに書いてある能率とは、このスピーカーでは1Wの入力を加えると、1m離れたところで99dBの音量が出るという意味です。

ふつう、90dBあたりのスピーカーが多いのですが、このスピーカーはなんと99dBもあります。

それがたいしたことなの?
という人のためにもう少し説明すると、3dB違うと同じ音量を出すのに、アンプの出力は2倍違ってきます。

90dBと99dBでは9dBの違いがあるわけですから、2×2×2=8、つまり8倍の違いがあるわけです。

90dBのスピーカーに80wのアンプが必要とすると、99dBのスピーカーでは同じ音量を出すのに10wでよいということになります。

当然、能率のよいスピーカーはアンプで有利ですね。
私はこのスピーカーを所有していますが、まだ箱に入ったままで鳴らしていません。
まだ箱が作れないのです。
でもなるべく早く鳴らしたいと思っています。


FE208ESspec

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用
pax20A



スピーカーにはW数が書いてある。
ただ、これを一般の電気製品に書いてあるWと混同しているのは、困ったものだ。

学校には、屋外用にトランペットスピーカーが設置されている。
それも、敷地の範囲にくまなく音が伝わるようにいくつか取り付けてある。

某学校では、放送が聞こえにくい場所があるということが問題になっていた。
そこで、視聴覚担当の先生を交えて検討会が始まった。

ところが、その話し合いがいただけない。

「あの、南東にあるスピーカーは40Wだから音は大きいですよ」
「他のところは20Wですからね」

えっと思った。
この先生は、W数が大きいと音も大きいと思っているらしい。
この発言に、他の先生もうなずいていたようだった。

もちろんW数は音の大きさではない。
スピーカーが消費する電力でもない。
スピーカーに記されているW数というのは、許容入力、つまりそのW数までスピーカーが耐えられますよ(壊れませんよ)という数値なのだ。

音の大きさというのは、あの聴覚検査の時出てくるdB(デシベル)という数値である。
高級なスピーカーにはW数とdB値が書いてある。
dB値の大きなスピーカーが大きな音が出るのである。

困ったことには、W数が大きいと音が大きいと言っていた先生が理科の先生だったということである。

もっとも、ある大メーカーの自動車会社のパンフレットにも、車に取り付けてあるスピーカーの説明に、フロント20Wスピーカー、リア50Wスピーカーなんて書いてあった。
一体、何なんだよと言いたくなった。そんなの書いて何の意味があるの?
テーマ:雑記 - ジャンル:その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。