やさしい電気教室

身の回りの電気製品に関わる電気の知識について勉強するブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりの投稿で、テスト投稿です。
スポンサーサイト
電気製品を使うとき、ケーブルを丸めたり束ねたりすると、交流の場合、誘導リアクタンスという抵抗が発生して、熱を持ったり電圧が降下したりする。

家庭でよく使うテーブルタップ。

外部で電気を使うときに使う電工ドラムは、コイル
写真のような状態でつかわないことが大切である。

002.jpg
001.jpg

テーマ:生活の中で - ジャンル:ライフ
電気関係を中心とした、記事を書いていきます。

オーディオに関することも、ここでは取り上げたいと思います。
テーマ:オーディオ - ジャンル:日記
ドライブ能力の低いアンプでは「ギャンギャン」といったように、にぎやかでうるさい感じに聞こえる。

一方、同じ音量でも、ドライブ能力の高いアンプでは、自然に聞こえてうるさくない。
クラシック音楽では、次第に音量が大きくなる、つまりクレッシェンドする場合がよくある。
そういうところでは、ドライブ能力の高いアンプでは、大きなトルクの車で運転している時の加速感のように、力強く迫ってきて気持ちがよい。

概して、パワーの大きなアンプはドライブ能力が高い傾向にあるが、ドライブ能力は必ずしもパワーの大きさだけではない。

以上のことは、実際に試聴してみて感じたことである。
テーマ:オーディオ - ジャンル:日記
vector6_2.jpg現在使用しているVector6というスピカーです。以前はYAMAHAのNS-1000Mを使っていました。

インピーダンス 6 ohms
能 率 92.5db/W/m
許容入力 250W
周波数特性 30-20,000Hz±2db
クロスオーバー 125Hz/600Hz/3500Hz
寸 法 38×115×42cm
重 量 57kg




vector6.jpgこのスピーカーは大変気に入っています。



















テーマ:オーディオ - ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。